OKIOpen up your dreams

OKIデータ

Japan

  • OKIホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

 


現在位置:HOME > ソリューション > セキュリティ:[ログオン情報強制印刷]


ソリューション

セキュリティ:[ログオン情報強制印刷]

OKIデータはプリンタの機能を使った個人情報保護のためのソリューションを提案いたします。

1. はじめに

2005年4月より個人情報保護法が施行され、情報漏洩対策は、もはや企業として必須のものとなりました。
電子媒体の情報漏洩防止については各企業とも対策を施しているようですが、実は、最近増加しているのは意外なことに紙媒体からの情報漏洩です。

  • 紙媒体からの情報漏洩は、外部記憶媒体によるデータ漏洩に次ぐ勢いで増加の一途をたどっています。
    メールの誤送信、不正アクセスなどの一般的な要因よりも、その割合は多く、もはや軽視できるものではなくなってきています。

では、印刷物からの情報漏洩を防ぐためにどのようなソリューションが可能なのでしょうか。OKIデータが提供するソリューションは、企業における印刷物による情報漏洩をプリンタで防止する「ログオン情報強制印刷」。
印刷物からの情報漏洩を防止するための各種機能・対策を用意しました。

OKIデータが提供する印刷物からの情報漏洩対策

  1. 本人確認:認証印刷セキュリティ
  2. 履歴保存:印刷履歴集計セキュリティ
  3. 印刷制限:印刷制限セキュリティ
  4. 漏洩牽制:ログオン情報強制印刷セキュリティ
  5. 漏洩追跡:ログオン情報強制印刷セキュリティ

2. ログオン情報強制印刷の構成

「ログオン情報強制印刷」ソリューションは、OKIデータのページプリンタと設定ユーティリティ、専用ドライバより構成されます。
Windowsにログオンする際のログオンIDやプリント出力時間などの付加情報を文字列として印刷データに強制的に重ね合わせて印刷することで、情報流出を抑止するソリューションです。

ログオン情報強制印刷専用ドライバから印刷すると、付加情報を印刷することができます。
また、お客様提出用の文書のために、付加情報を印刷しない設定にするこもできます。
設定ユーティリティにより、印刷する付加情報を選択し、並べ換えることができます。
また、付加情報を印刷する、しないを任意に選べる「管理者ユーザー」に利用者を分けることができます。

利用形態
システム管理者は設定ユーティリティを使用して、事前に付加情報を印刷する項目や書式を決定します。また職場における管理職ユーザーについて、付加情報を印刷する、しないを選び「管理者ユーザー」に登録できます。

印刷された情報がそのまま読めるため、印刷者に対しての情報流出抑制に抜群の効果があります。もしも、印刷物が流出しても、スキャナや専用の読み取りソフトがなくても、印刷された付加情報より、どこから流出したかを特定できます。

使用形態 管理者権限ユーザー:ログオン情報付 「ユーザー名」「日付」「時間」「コンピューター名」「任意文字列」などの付加情報を、文書に強制的にウォーターマーク印刷します。 ログオン情報なし プリントアウトされた書類には付加情報は記載されません。 一般ユーザー:ログオン情報付のみ 個人情報を特定するログオン情報をプリンタドライバが自動生成

*1.付加情報 No.1 情報名:ユーザー名 内容:印刷ジョブを作成したユーザー名 No.2 情報名:コンピュータ名 内容:印刷ジョブを作成したコンピュータ名 No.3 情報名:プリント名 内容:印刷したプリンタ名 No.4 情報名:ジョブ名 内容:印刷ジョブの名称 No.5 情報名:作成日時 内容:印刷ジョブを作成した日付 No.6 情報名:作成時間 内容:印刷ジョブを作成した時間 No.7 情報名:任意文字列 内容:任意文字列 その他、印刷書式(6項目)も変更可能です。

3. 管理者ユーティリティとドライバのお試し版の提供

注意事項

  • ログオン情報強制印刷対応ドライバを使用しない場合は、付加情報は強制印刷されません。
    このため、ログオン情報強制印刷に対応していないプリンタドライバをインストールした環境では、付加情報強制印刷の強制力はなくなります。でなければ本来のセキュリティの意味をなしません。
    必ずログオン情報強制印刷対応ドライバをご使用ください。

4. 適用機種

ページの先頭へ